2020年08月27日

仕事のシステム化

仕事の「システム化」

と聞いて、何をを想像しますか?




業務フローの一部に、業務用のソフトを取り入れることでしょうか。

例えば、これまでは紙に印刷して、上長の印鑑を押してもう必要があった業務。それを、システム上で入力して、システム内で申請を出すと、システム内で上長の承認が完了する。

これもシステム化です。



ですが、システムという言葉。これは何も、ソフトウェアのことだけを指すものではありません。

その証拠に、サッカーのフォーメーションを、4・4システム(数字は適当です)のように言ったりしませんか?




つまり・・・




システムという言葉は、狭くはソフトウェアに対して使われることもありますが、広くは「仕組み」全般のことを言うのです。





冒頭に書いた仕事のシステム化。

これも、そのような「仕組み」をイメージして書きました。



仕事でケアレスミスをしやすい人が、ミスをセルフチェックするために、自分で手書きのノートにチェック項目を書きだす。そして、業務の終わりで必ずそれを見返すことにする。


これは、ソフトウェアを新たに導入してはいませんが(チェックリストをエクセルなどを使って作ったら、部分的には導入したことになりますが)、仕事の仕組みを改善していることに代わりはありません。





SEをやっていると、仕事柄、普段からそういうことを考える習慣になりがちです。同僚と食事に行っても、会計の位置がどうだの、メニューの表記の仕方がどうだのと考えてしまいます。

こういうのを、職業病と言うのでしょうね。
posted by せな at 08:51| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

論理的思考の放棄

藤井聡太七段が、最強の将棋ソフトが6億手読んでやっとたどり着く手を20数分で打ったという話題。


それをきっかけとして、Twitterではこんなブログ記事のことが話題になっていました。




論理的思考の放棄 - 登 大遊 (Daiyuu Nobori) の個人日記



こちら、天才プログラマーと言われている登大遊さんが13年前に書かれたものなのですが、プログラム畑にいる私からは、かなり衝撃的な内容です。



この記事から始まって、あと3記事、この「論理的思考の放棄」という話題について書かれています。

最初の記事の段階で、



まったく分からないなあ



という状態だったのですが、読み進めるうちに、




そんなこともあるのかもしれないなあ



という気持ちに変わってきました。

システム開発をする上では論理的思考をするのが当たり前だと思い込んでいたので、そういう意識について、見直そうと思いました。
ラベル:論理 天才 思考
posted by せな at 00:22| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

エヴァンゲリオンバトルフィールズ

エヴァンゲリオンバトルフィールズのページに出ているクイズ。


答え分かりませんし、分かっても書かないのですが、気になっています。

【EVABF】エヴァンゲリオン バトルフィールズ|公式
posted by せな at 23:44| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
文系女子SEの奮闘記」の先頭へ