2018年04月28日

ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワード。インターネットバンキングで入力を求められることが多くなりましたよね。

1分ごとに自動的にパスワードが切り替わっていくので、非常にセキュリティレベルの高い技術です。


私の会社でも、取引先のセキュリティが厳しい部署では、お客様の会社のデータにアクセスできる端末にログインするためにはワンタイムパスワードが必要となっています。




最近、インターネットで振り込みが簡単にできるようになって便利ですが、その分(?なのか分かりませんが)不正送金というのも行われています。

ワンタイムパスワードを使ってすら不正送金をされてしまう被害というのがあるそうです。


詳しくは分からないのですが、ニセの入力画面をパソコンに表示して、そこにワンタイムパスワードを入力させて、情報を盗み出してしまうようです。

パスワードの有効期限はすぐに切れますから、入力させた直後に送金が行われるということなのでしょう。



普通、ワンタイムパスワードを入力するタイミングは取引の直前です。

今報告されている被害では、ログイン画面の直後に入力が求められたそうです。



たくさんのパスワードを管理するだけでなく、パスワードを入力するタイミングまで適切なものか考えなければならないなんて、とても大変なことです。

でも、大切な預金を守るために必要なことなんですよね。



私も気をつけていきますし、皆さまもお気をつけください。
posted by せな at 05:23| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

USBキラー

YouTubeを見ているとたまに見かけるUSBキラー。


差し込むだけでパソコンを破壊してしまう恐ろしいツールです。


なんでこんなものがあるのでしょう・・・・





イタズラで誰かに送るとか、絶対にやめましょうね。そして、怪しいUSBメモリはパソコンに刺さないのが肝要です。

ウィルスが入ってしまって駆除しないといけないとか、ファイルが消えてしまうとか、そんなレベルではなく、パソコンがショートして、起動自体できなくなってしまうそうです。


しかも、差し込んだ瞬間です。あまりに恐ろしいですよね・・・
posted by せな at 20:42| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

匿名OS

匿名OSなるものがあるそうです。なんだかワクワクしませんか?
匿名ですよ。匿名。



私自身は友人からこんなものがあるよと聞いて知ったのですが、ネットで調べてみたら、4年ほど前のGIZMODOさんの記事が分かりやすかったのでご紹介します。

https://www.gizmodo.jp/2014/04/ostails.html



このTailsというのがOSなんですね。USBメモリなどに入れておいて、パソコン本体は別のものを間借りして使うようなイメージになるのだと思います。

こうすると、間借りされたパソコンの方には一切痕跡が残らないと・・・



SEをやっていても、全然こんな必要が生じる状況がイメージできないのですが、政府関係の諜報機関(が実際に使っているかは知りませんが)のような、ものすごくシビアな世界で使われているもののようです。



うーん。

自分が使うことはなさそうですが、ロマンを感じます。
posted by せな at 18:34| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
文系女子SEの奮闘記」の先頭へ